おまとめローン

おまとめローンはブラックでも可能か?

おまとめローンの利用を望む方の多くは、多重債務者の方ではないでしょうか。
少しでも毎月の返済を減らしたいと考える多重債務者の方も多いでしょう。
中には「ブラック」の方もおられると思います。

 

おまとめローンの審査では「ブラックの方」でも合格できるのでしょうか。

 

ブラックとは?

よく「ブラックリストに載った」という話を聞きます。
そもそも「ブラック」とはどのような状態なのでしょうか。

 

「ブラック」とは個人信用情報において金融事故の情報が記録されている状態をいいます。
金融事故の情報は、各社が加盟している個人信用情報機関の情報として5年~10年間保存されています。

 

金融事故の情報は個人信用情報機関同士で共有されており、1社で発生した金融事故情報が何社でも確認できることになります。

 

金融事故の内容には次のようなものがあります。

・借入返済の遅延(3ヶ月以上の遅延)を起こした事がある
・借入返済の遅延(軽微な遅延を年3回以上)を起こした事がある
・公共料金の支払い滞納(クレジット支払の場合)を起こした事がある
・携帯電話料金の滞納をした事がある
・債務整理をした事がある

 

ブラックでは審査に合格できない!!

おまとめローンに限ったことではありませんが、ローンの審査では個人信用情報が大きなウエイトをしめています。そして個人信用情報で金融事故を引き起こしている状態、つまるブラックの状態では、ほぼすべての金融業者が融資不可と判断することになります。

 

これまでに深刻な問題を引き起こしている方は、新たな借入もきちんと返済できるだけの信用が乏しいと判断するのは、ある程度常識の範囲で想像可能でしょう。個人信用情報の金融事故情報は、5~10年間は保存されますので、その間はおまとめローンを含むローンの利用が難しいことになります。

 

「ブラックでもOK!!」には要注意

ところが街中の金融業者の中には「ブラックでもOK!!」と宣伝している先もあります。
よく電柱の張り広告などにはこのような文言を見かけることができます。しかしこのような宣伝を行っている、よくわからない金融業者には注意が必要です。

 

ブラックでも貸出を行うということは、返済不能になるリスクも考えなくていいということです。つまり貸出した元金が必ずしもきちんと返済される必要はなく、高い金利収入だけを目当てに貸出を行うということになります。いわゆる「闇金」と呼ばれる金融業者で、法律上の上限金利を超える法外な金利を要求してきます。

 

多重債務者の方は、このような甘い宣伝に惑わされてしまう危険も高いといえます。
名の知られていない、よくわからない金融業者の甘い宣伝文句に誘われないように注意しましょう。