おまとめローン

おまとめローンの審査について

おまとめローンの利用を検討する場合、金利や借入限度額が気になるポイントです。
しかしそれ以上に大切なことは「審査に合格する」ことです。せっかく低金利のおまとめローンを見つけても、審査に合格できなければ利用することができません。

 

一般的におまとめローンは、通常のキャッシングやカードローンに比較して、審査基準が厳しいといわれています。申込金額が高額になる傾向が強いおまとめローンでは、より厳しい審査基準に合格しなければいけません。

 

通常の審査ポイント以外に、次に挙げるポイントに注意して万全の体制で審査に臨みたいものです。

 

他社借入件数

おまとめローンの審査では、他社借入金額よりも他社借入件数が重要視されます。
総額200万円のキャッシングを利用している、以下の2名を例にしてみてみましょう。

 

・Aさん→50万円を4社から借入している
・Bさん→100万円を2社から借入している

 

この場合、審査ではBさんがより信用度が高いと判断されます。
その根拠は以下の通りです。

 

・Aさん→1社あたりの借入限度額が低い→信用度が低いため複数社から借りざるを得ない
・Bさん→1社あたりの借入限度額が高い→信用度が高いため1社からたくさん借りることができる

 

またBさんの場合には利用実績を積んで借入限度額が増額されている場合もあります。
それだけ問題の無い利用者と判断されていることになります。

 

一般的には3社程度がメリットで、4社、5社となると各社とも厳しいといわれていますので注意しましょう。

 

申込ブラック

「申込ブラック」とは、短期間に複数の金融機関に申込を行っていることで、一般的に1ヶ月で3社以上申込を行うと、審査でもかなり不利になります。金融機関への申込実績は、即座に個人信用情報に登録されます。契約の有無にかかわらず、申込を行うだけで登録され、申込情報が多いことが審査でも致命傷となることもあります。

 

通常おまとめローンは「緊急性」を求められることはあまりないのではないでしょうか。
おまとめローンに限らず、ローンは「数打ちゃ当たる」というものではありません。
申し込み先を絞りこんで、1社ずつ申込むようにしましょう。

 

勤続年数

同じ勤務先に長い間勤めていると、当然その分審査では有利になります。
おまとめローンの審査では収入よりも、勤続年数を重要視している先もあるぐらいです。

 

一般的には最低でも半年以上、できれば1年以上は同じ会社で働いていることが求められます。逆に収入が多くても3ヶ月以内の勤続年数では審査に合格することも難しいでしょう。

 

審査に合格しやすい時期?

実は金融機関には、比較的審査に通りやすい時期があることをご存じでしょうか。

 

「年度末」は各社とも審査に通りやすい時期であるといわれています。

 

どのような企業でもいえることですが、年度末の時期は年間の売上や収益を上乗せしようと奮闘する時期です。金融機関でも同様で、年間の売上目標や収益目標に達していなければ、融資量を増やそうとする動きが高まります。

 

通常金融機関の年度末は「3月末」です。この時期は就職や転職などでローンの需要が増える時期でもあり、各社とも競争が激しくなる時期でもあります。それに便乗する形で、おまとめローンを申込むことも、審査に合格しやすいポイントといえるかもしれません。